【感想レポート】食宅便を実食!解凍方法やおかずの味や量は?

【感想レポート】食宅便を実食!解凍方法やおかずの味や量は? 1人暮らし

食宅便の冷凍弁当はコスパがいいってよく聞くけど、実際に体験した人の感想を聞いてみたいな。調理方法や冷凍弁当の味や量がどうだったのか知りたい。

✔ 本記事の内容

  • 食宅便の冷凍弁当の感想レポート
  • 冷凍弁当の内容
  • 冷凍弁当の解凍方法
  • 冷凍弁当のおかずの味や量
  • 冷凍弁当の盛り付け
  • 冷凍弁当のメリット&デメリット
  • 冷凍弁当をおすすめする人
  • まとめ

✔ この記事はこんな人に向いています

  • 食宅便の冷凍弁当が気になっている人
  • 食宅便の利用を検討している人
  • 食宅便の冷凍弁当の内容を知りたい人
  • 食宅便の体験談を聞きたい人

食宅便5品を1食分にした冷凍弁当を扱っている食材宅配サービスです。

40年以上にわたって医療・福祉施設の食事サービスを行ってきた実績があり、日精医療食品が運営をしています。

そのため、管理栄養士が考えた献立になっており、カロリー塩分などの栄養バランスが考えられた冷凍弁当になっています。

そんな食宅便の冷凍弁当を実際に体験してみたので、その感想レポートを紹介したいと思います。

食宅便の公式ホームページはこちら

食宅便の冷凍弁当の感想レポート

食宅便 感想

冷凍弁当の内容

今回体験した食宅便の冷凍弁当の内容はこちらです!

  1. 牛皿(主菜)
  2. 海鮮八宝菜(副菜)
  3. 焼売(副菜)
  4. 卵焼き明太子ソース(副菜)
  5. ブロッコリーのカニあんかけ(副菜)

主菜は牛皿で、牛肉以外には玉ねぎ紅ショウガが入っていました。

副菜はエビホタテきくらげなどが入っていた海鮮八宝菜や焼売2個、明太子ソースのかかった卵焼き、カニあんかけのかかったブロッコリーでした。

この冷凍弁当のカロリーや塩分などの情報はこちらです。

カロリー 263キロカロリー
食塩相当量 1.5グラム
炭水化物 22.6グラム
脂質 10.9グラム
タンパク質 18.6グラム

大人が1日に必要なカロリー数は、男性で2000~2400キロカロリー女性で1400~2000キロカロリーになります。

今回の冷凍弁当のカロリー数が263キロカロリーとなり、もし白ご飯1杯とお味噌汁1杯を一緒に食べた場合の合計のカロリー数は約560キロカロリーとなります。

冷凍弁当 263キロカロリー
白ご飯1杯 240キロカロリー
お味噌汁1杯 60キロカロリー
合計 563キロカロリー

キロカロリーを取り過ぎない、そして塩分等も抑えられた、とても栄養バランスの取れた献立になっています。

気になる1食あたりの価格は、560円(税込み)となります。

食宅便の公式ホームページはこちら

冷凍弁当の解凍方法

食宅便の冷凍弁当の解凍方法はとても簡単です。

冷凍弁当自体は1つのパッケージになっていて、4角の1つに「きりとり」箇所があります。

その「きろとり」箇所をハサミで切って、パッケージに穴が開いた状態にします。

そして、電子レンジでチンするだけとなります。

食宅便のパッケージ

食宅便のパッケージ

電子レンジで温める時間は、ワット数によって加熱時間が異なります。

500Wの場合 加熱時間は約4分
700Wの場合 加熱時間は約3分30秒

もし加熱後に冷凍弁当のパッケージの底が冷たかった場合は、追加で1分程加熱しましょう。

加熱が終わったら、電子レンジからパッケージを取り出しますが、取り出した後にパッケージを開封する際、熱気が出てきてとても熱いので気を付けましょう。

食宅便の公式ホームページはこちら

冷凍弁当のおかずの味や量

食宅便の冷凍弁当

冷凍弁当の味は、それぞれのおかずにしっかりと味付けがされていて、特に追加でソースなどの調味料は全く必要ありませんでした。

内容量が210グラムとなっており、たくさんの量というわけではなく、それぞれのおかずを少しずつ食べるような感じでした。

主菜の牛皿は5品の中で一番量があったので、白ご飯があればよかったと思いました。牛丼のつゆもしっかりかかっており、紅ショウガが味のアクセントになっていました。

食宅便の主菜

海鮮八宝菜も具だくさんでエビイカホタテキクラゲなどが入っており、主菜になってもよいくらいの一品でした。八宝菜の味も海鮮の具材の味がしっかりと出ていて、塩分も控えめな味付けになっていたのがとても美味しかったです。

食宅便の副菜

焼売と玉子焼きも適量でしたが、ブロッコリーは小さくて量もとても少なかったです。

食宅便の副菜

あくまでも「おかず」ということで食べれば、ちょうど良い量だったと思います。

冷凍弁当の盛り付け

食宅便の冷凍弁当は5品が1食分のパッケージになっており、1つのお弁当箱みたいになっています。

それをそのまま食卓に並べても、殺風景な感じになってしまうので、電子レンジで温めた後は、あえてお皿に移した方が華やかになります。

食宅便の冷凍弁当

食宅便の公式ホームページはこちら

冷凍弁当のメリット&デメリット

今回、食宅便の冷凍弁当を体験してみて、実際に感じたメリットとデメリットを紹介します。

食宅便の冷凍弁当のメリット

  • 1食で5品の食事を楽しむことができる
  • 主菜と副菜で量を調整している
  • 1食に15品目以上使用している
  • 管理栄養士が考えた献立で栄養バランスが良い
  • 解凍方法は電子レンジで温めるだけで簡単
  • 食事の準備の時短になる

食宅便の冷凍弁当のデメリット

  • 冷凍弁当のおかずだけだと少ないと感じるかもしれない
  • 15品目以上使っているため、嫌いな食材が入っているかもしれない
  • 白ご飯とお味噌汁は別途準備が必要
  • お弁当箱のゴミが出る
  • 盛り付けたい時はお皿が必要

冷凍弁当をおすすめする人

食宅便の冷凍弁当はこんな人におすすめです。

  • 一人暮らしの人(特に女性)
  • 食生活が乱れている人
  • 外食が多い人
  • 日頃から野菜を取れていない人
  • ジャンクフードなどをよく食べる人
  • 仕事が忙しくて時短で食事を済ませたい人
  • カロリー数や塩分などの摂取量を気にしている人
  • スーパーに買い物になかなか行けない人
  • 冷凍庫にすぐ食べれる食材を置いておきたい人
  • 無理なダイエットをしている人
  • 遠方に住んでる両親の食生活が心配な人

食宅便の公式ホームページはこちら

まとめ

今回、食宅便の冷凍弁当を体験してみて、冷凍弁当も美味しいなと思いました。

体験する前までは冷凍食品に対してはあまり良い印象を持っていなくて、解凍した時に食材がボロボロしたりすることが多かったり、味そのものが美味しくなかったりするイメージを持っていました。

食宅便の冷凍弁当は管理栄養士が献立を作っていることや品質の管理をしっかりしていることで、とても安心感がありました。

また、調理後すぐに冷却している製造工程は食材を高品質に保てるようで、解凍後に食べても、それぞれのおかずはとても美味しかったです。

1食で5種類のおかずを食べれるということと、1食で15品目以上の食材を使っていることなど、日々の食生活の改善になると思いました。

改善してほしい点を一つ上げるとすれば、副菜のおかずによってはとても量が少なかったことです。

今回のブロッコリーのカニあんかけは本当に小さいブロッコリーでした。大きなブロッコリーが食べたかったです。

それでも、全体的に見るとまた利用したいなと思いました。

初めて利用する人は4食セットになっているお試しセットから体験してみるのが良いと思います。

食宅便のお試しセット(4食)はこちら

食宅便の公式ホームページはこちら

第1位:オイシックス

今では280万人以上の利用者がいると言われている「Oisix(オイシックス)」は、新鮮な野菜や簡単に調理できるミールキットで有名な食材宅配サービスです。

有機野菜や特別栽培などを含む安心して食べられる食材や20分で主菜と副菜を作れる時短食材セットの「Kit Oisix(キットオイシックス)」は、30代以上の女性やワーキングマザー、子育てや妊娠中のママにとても人気があります。

第2位:らでぃっしゅぼーや

有機野菜や素材にこだわりがあると言われている「らでぃっしゅぼーや」は、契約している農家が全国で約2400軒もある食材宅配サービスです。

らでぃしゅぼーやは持続可能な生産活動を追求し、カラダにも環境にもやさしく、取り扱っている商品は全て農薬・飼料・添加物・栽培方法・製造方法・素材の安全性について厳しくチェックされているのでとっても安心です。

第3位:大地を守る会

「大地を守る会」は、野菜や果物は農薬を極力使わず、調味料や総菜も添加物を使わない」など食材へのこだわりが強い食材宅配サービスです。

心から安心して食べてもらいたいという思いから、国内基準より厳しい自社基準を設け厳しくチェックしており、その安全性の高さから、子育てや妊娠中のママだけでなく食にこだわりのある30代から60代の幅広い年代の女性に大変人気があります。

1人暮らし 2人暮らし お試しセット比較 妊婦さん&産後ママ 宅配弁当比較 利用者別比較 食宅便 食宅便
スポンサーリンク
食宅ライフでラクラク生活